葬儀、葬式の流れとマナーを紹介する、葬儀堂です。

亡くなった直後にやること

亡くなった直後に遺族がやることを詳しくみていきましょう。

故人を清める

医師から臨終が伝えられ後は、故人を清めてあげましょう。手順は医師や看護婦、葬儀会社の人が教えてくれますが、全て人に頼らずに自分の手で清めてあげましょう。宗教にもよりますが、直後にやることは以下のとおりです。

・末期の水
・清拭

末期の水とは、死に水とも言われますが、もともとは臨終間際の人の渇きを潤して、楽にしてあげるという仏教の儀式でした。病院で亡くなった時は、看護師が水で湿らせた脱脂綿を用意してくれるので、故人の唇を湿らせます。
清拭とは、故人の体をぬるま湯で全身洗い清めることです。病院では看護師が行い、自宅では葬儀社が行ってくれる場合がほとんどです。しかし、全て人任せにするのではなく、遺族も手伝ってあげましょう。

遺体を引き取る

故人を清めたら、葬儀会社と連絡して遺体を自宅、もしくは斎場へ運びましょう。その際、医師に死亡診断書を書いてもらう事を忘れないようにしましょう。

死亡届を出す

死亡届は、葬儀での手続きの中で最も重要なものと言ってよいでしょう。死亡届を提出しなければ火葬や埋葬をする許可がもらえません。まず、医師の記入・署名押印の済んだ死亡診断書を用意します。死亡診断書と必要事項に記入した死亡届を亡くなった人の本籍地、または届出人の住所地、滞在地か、亡くなった所の市区役所・町村役場の戸籍係に提出します。また、死亡届と一緒に火(埋)葬許可証交付申請書を提出します。これによって遺体を火葬、埋葬することができるのです。

世話役を決める

葬儀をとり行うにあたっては、まず最初に決めなければならないのは、喪主です。喪主は普通故人ともっとも縁の深かった人がつとめるのが一般的です。配偶者、子供、父母の順でつとめるのが普通です。もし葬儀を埼玉で行うなど地元ではない場所の場合、喪主を決めることも親族が集まらなければ決まらないため、通夜に話し合うことが必要になります。喪主が決定したら、親族と相談して世話役を決定しましょう。世話役は実際に葬式を取り仕切ってもらう人のことで親戚・友人・町内会や自治会の人、職場の総務課や同僚の人が適任ではないでしょうか。そのなかで世話役代表を決定し、葬儀委員長をかねます。下にある世話役の種類と役目の一覧表を確認しておきましょう。

世話役

仕事の内容

世話役代表
(葬儀委員長)

遺族、僧侶(神官、神父、牧師)、葬儀社と式次第の打ち合わせをします。葬儀の進行全般を指図します。

進行係

司会をします。通夜、葬儀の進行を取り仕切って弔辞の人選や。弔電や焼香の順番なども指図します。

受付係

弔問客の受付や、案内をします。香典、供物の受付をする会葬者芳名録、香典、供物記帳簿なども担当します。

案内係・会場係

式場や受付の設営をします。式場までの道案内や、弔問客を着席の場所や控え室に案内します。

会計係

葬儀に関する出納を扱います。香典の管理や、会計簿をつくり、葬儀費や飲食費などすべての支払いを記帳したりします。

文書係

死亡通知の依頼や、発送、弔電の受付、会葬礼状の手配などを行います。死亡届、火葬(埋葬)許可証の手続をします。

接待係

弔問客や僧侶を接待します。喪家の食事を用意したり茶菓の用意、弁当の配布、通夜ぶるまいや精進落としの料理を用意、接待します。

調達係

飲食物、文房具、座布団、食器類など通夜、葬儀全体を通して必要な物品を調します。

携帯品・履き物係

弔問客の手荷物や履き物を預かります。

車両係

駐車場を確保します。警察署に道路使用許可申請書を出したり、弔問客の車の誘導と整理をしたり、送迎用の車の手配をしたりします。